366日の恋するカメラ

シャッターモードは心優先

TOKYO CITY KEIBA

お題「カメラ」

f:id:kaho0212:20191114105347j:plain


昨日、写真仲間13人で大井競馬場へ。

人生初の競馬場&流し撮り。

夜7時半までたっぷりと。

 

f:id:kaho0212:20191114105548j:plain
f:id:kaho0212:20191114105532j:plain
f:id:kaho0212:20191114105418j:plain
f:id:kaho0212:20191114105505j:plain

 

馬の動きを止めたり、流したり。

疾走する馬の美しさにすっかり魅了。

 

途中雨がほんの数分間。

せっかく来たのだからと仲間たちと人生初馬券購入(皆、最低料金100円で^^)。

私たちのような初心者向けにビギナーズカウンターがあり

親切丁寧に馬券(マークシート式)の買い方から競馬場の楽しみ方まで手取り足取りレクチャーしてくださり、購入する機械まで案内していただきました。

 

仲間の一人が5000円をゲット(全員羨望の眼差し)。

あぶく銭は使っちゃうのが一番と言い、夕食時にサラダをご馳走してくれて感謝♡

 

f:id:kaho0212:20191114110833j:plain
f:id:kaho0212:20191114110852j:plain
f:id:kaho0212:20191114110908j:plain
f:id:kaho0212:20191114110917j:plain
f:id:kaho0212:20191114110949j:plain
f:id:kaho0212:20191114111002j:plain

 

出発ゲート前。各馬一斉にスタート。

馬齢・番組賞金によって格付け(クラス分け)をしていること、レースごとにコースが変わることもはじめて知りました。

 

f:id:kaho0212:20191114113027j:plain


食事したあともレースを撮影。

 

f:id:kaho0212:20191114114101j:plain
f:id:kaho0212:20191114114120j:plain


レース直前に出走馬の状態をチェックできるパドック。

競馬専門紙などを参考にし、さらにレース当日のコンディションを見極めるためには、パドックが必見なのだそう。

トモ(後肢)の大腿の筋肉の張りがあるのが良い馬なんですって。

わからないなりに魅了されたお尻をパチリ^^

 

f:id:kaho0212:20191114120207j:plain

f:id:kaho0212:20191114114712j:plain
f:id:kaho0212:20191114114754j:plain
f:id:kaho0212:20191114114736j:plain
f:id:kaho0212:20191114114723j:plain

f:id:kaho0212:20191114115029j:plain

 

イルミネーションもとても綺麗でした♡

 

ここに来るまで、競馬場=耳に赤い色鉛筆を差したおじさまたちが沢山いらっしゃるというイメージを抱いていたのですが、

家族連れや私たちのようなカメラの趣味の人等、老若男女が和気あいあいと健全に楽しめる場所なのだなぁと実感・・。

 

何から何まで初めて尽くしの大井競馬場。とても実り多い一日だった。

人生まだまだ素敵なはじめてが待っている♡

 

※追伸

 

 本日を持ちましてエキサイトブログに内容そのままでお引越しいたします。

 今までずっと慣れ親しんでいたブログサイトで

 また新たにブログを綴っていこうと思いました。

 

はてなブログで仲良くしてくださった皆様、陽だまりcafeからご縁をいただいたくださった皆様、

https://kahocamera.exblog.jp/

引き続き見ていただけたら嬉しいです♡

 

 

 

ふたりからひとり ときをためる暮らし それから

お題「好きな作家」

f:id:kaho0212:20191112190313j:plain

 

老いたら老いたなりに、楽しくなることを考え、実践してきたしゅういちさんが

昨年、他界。

造成地に建てた丸太小屋、落ち葉を入れて蘇らせた土。

ふたりが積み重ねてきた半世紀の歳月は、いまも英子さんが同じように営み続ける。

自分に課し、誰かのために手足を動かす日常とは。(著書:帯より)

 

   f:id:kaho0212:20191014161839g:plain

 

二人の生き様をはじめて知ったのは数年前、図書館で借りたこの本だった。

日々丁寧に凛として生きてきたしゅういちさんと英子さん。

ゆったりと流れる豊かな生活がそこここにあり、文章を読むにつれ心が解される。

 

書店で久々に目にし、手元に置きたいと購入した。

 

あえて不便さを選びながら、自分で出来ることは可能な限り自分でする。

こうすべき・・ではなく、こうしたいからする。

お互いのことを決して否定せず、夫婦それぞれ楽しみをみつけながら心を通わせ合う。

 

はじめてのお見合いの席で「空気みたいだからいい」って言われて結婚。

いろいろあったけれど、振り返ってみれば、いろんなことが違うけれど、

遠くを見る方向は一緒だったのね・・と英子さん。

 

自分が決めた人だから、いろんなことがあっても、いいところを見て。

ひとりの人間に、そんな悪いところがたくさんあるわけないもの。

自分にも悪いところがあるはずよ。

相手から見れば、きっとあると思うの。そのことをまず考えなきゃ。

この人と一緒にやっていこうと思って自分で決めたんだから、最後まで全うしないと。

そういう精神は、自分の中にありました。(中略)

どんな人と一緒になっても、よかれ、悪しかれ、いろいろあるわよ。

それが生きるということ。

いいとこを見るように努力をして。そうしていくとよくなっていくのよ。

私もそうだったから。

 

 

このお二人のような実りある生活は憧れであり目指したい人生のお手本。

心の糧となる本に再び出合うことができて感謝。

定年後、再雇用で働いている夫に改めて感謝。

ときをためる暮らし、私も一日一日を丁寧に大切に生きて行こう。

 

 

 

陽だまりの小さなcafe

f:id:kaho0212:20191111180418j:plain

 

ひたちなか市にある「cafe akissa」。

水曜日~土曜日の週4日、オーナー一人で切り盛りされている客席8席の小さなcafe。

 

 

野菜たっぷりの美味しいお料理が時々無性に食べたくなって、

先週友達を誘って陽だまりランチ。

 

f:id:kaho0212:20191111180445j:plain
f:id:kaho0212:20191111180437j:plain
f:id:kaho0212:20191111180453j:plain

 

オーナーにお断りしてスマホでパチリ。

 

外は木枯らしが吹いていたけれど、cafeの中はぬくぬくほっこり♡

 

      f:id:kaho0212:20191013110528g:plain

 

今日は11(いい)12(ひふ)の日。

私の皮膚のお手入れアイテムは昔からず~~っとニベアの青缶。

毎年デザイン缶が発売されていて、今年はこれ↓に癒されてます♪

f:id:kaho0212:20191112084531j:plain

 

神磯の鳥居

f:id:kaho0212:20191110172210j:plain

 

酒列磯前神社から車で20分。

大洗磯前神社へ。

 

荒々しい波しぶきに耐え、岩礁に立つ鳥居は人気の絶景スポット。

平日の昼間でしたがカメラやスマホを手にした人が次々と・・。

 

酒列磯前神社とともに、何度となく訪れている大好きな場所。

シヤッターを切る手が止まらない。

 

いつか日の出とともに撮れたらいいなぁ。。

 

f:id:kaho0212:20191110172220j:plain

 

 

光射す方へ・・

f:id:kaho0212:20191109161752j:plain

 

ひたちなか海浜鉄道をあとにし、酒列磯前神社(さかつらいそまえじんじゃ)へ。

参道は樹齢300年のヤブツバキ等、様々な古木が茂る樹叢(じゅそう)。

 

ここに立つだけで空気が変わる・・。

光射す方へ誘われる私。。

 

f:id:kaho0212:20191109162114j:plain
f:id:kaho0212:20191109162123j:plain
f:id:kaho0212:20191109162134j:plain

 

猫ちゃんのおみくじのなんて可愛いこと。

写真右側の亀さん。甲羅がテカテカ輝ってるでしょ。

甲羅を撫でると宝くじ高額当選が叶うのだそうで訪れる人は皆ナデナデ。

もちろん私も、しっかりじっくりナデナデナデ^^

 

美しい樹叢が絶景写真雑誌で取り上げられ、年々認知度が高まり、国営ひたち海浜公園経由で立ち寄るバスツアーもあるほど。

国営ひたち海浜公園から車で10分もかからない距離にあります♡

 

f:id:kaho0212:20191109162147j:plain
f:id:kaho0212:20191109162156j:plain
f:id:kaho0212:20191109162209j:plain

 

 

駅猫に会いたくて・・

f:id:kaho0212:20191109140951j:plain


駅猫「おさむ」に会いたくて二年ぶりに「那珂湊駅」へ。

残念ながら、おさむはすでに天国に旅立ってしまい、もう一匹の駅猫ミニさむはパトロール中^^

会いたかったなぁ。。。

 

※↓二年前のおさむの写真です

cinema24.exblog.jp

 

花束を持って待っていてくれたカッパ君もどこかへ行ってしまい、

二年と言う月日があまりにも切なくて・・。

 

f:id:kaho0212:20191109142118j:plain
f:id:kaho0212:20191109142103j:plain
f:id:kaho0212:20191109142134j:plain

 

那珂湊名物「なかみなと焼きそば」を食べて

 

f:id:kaho0212:20191109142156j:plain
f:id:kaho0212:20191109142146j:plain
f:id:kaho0212:20191109142126j:plain

 

大正・昭和時代の古き良き建物をぶらり探訪しながら再び元気を取り戻したのでした。

 

立冬、そして山茶始めて開く

お題「今日の花」

f:id:kaho0212:20191108061156j:plain

立冬。

今日から冬のはじまり。

立冬の初候に登場する「山茶(ツバキ)始めて開く」のツバキはサザンカのこと。

 

サザンカと椿の違い。。

サザンカは10月~12月の花で、枯れると花びらが散りますが

椿は12月~4月の花で、枯れると花首ごとぽとんと落ちます。

 

ツバキと酷似するサザンカは、

彩の少ないこの季節にはとっても貴重な素敵な花。

 

と、散々サザンカのお話をしているのに写真は「ホトケノザ」。

中根駅の田んぼのあぜ道に霜をかかえて咲いていました。

君は確か春の七草。

もしかしてホトケノザに酷似する花なのかも・・なんてウソ^^

雑草は強いなぁ。。